読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカで不妊治療を始めました。

14ヶ月の自然妊娠を試みた末、不妊治療へ。アメリカ在住。アメリカ人の主人との日常もあり。

IVFとオットくんの出張。続き

ナースからのメール早速返信来ました!

 

次のサイクルの途中でオットくんが出張に行くのでそれは大丈夫なのか確認取りました。

 

結果的には大丈夫みたいです。

たぶん採卵の日程調整できるのかな??

 

とりあえず生理が始まったらまた連絡して、その時にスケジュールを出してもらう形になりました。

 

 

楽しみだけどドキドキだなぁ。

 

期待しすぎない方がいいんだろうけどそれもなかなか難しいなぁ。

 

 

そういえば、風疹ワクチン打ったところが数日前から痒い。。掻き毟るほどじゃないけど。。

 

 

あ、話は変わりますが、私全然ルールとかも分からないですが一応WBC見てます。日本頑張れ〜!!

血液検査と風疹ワクチン

2週間ほど前に病院で血液検査をしました。ドクターからメールでビタミンDが足りてないからサプリを処方したのでそれを飲むことと、風疹の抗体?がないのでワクチンを打ってください。とのこと。

 

数日後にまた病院に行きました。今回は特に予約しなくてwalk-inでよかったので、あ〜よかった〜と思い受付でチェックインを済ませて呼ばれるまで椅子に座ってロビーで待っていました。

 

しかし、、1時間以上経ってもなかなか自分の名前が呼ばれません。

 

周りの人達もだんだんと苛立ってきてついにはクレームをいれる人達が現れました。

 

『私のこと、飛ばしたでしょ?名前は◯◯。確認してくれない?もう何時間も待ってるんだけど!』

 

こんな人がたくさん。。

 

小心者の私はとりあえずおとなーしく待つことに。

 

そして、ようやく呼ばれました。

1時間半くらい待ちました。既に疲れた。。

 

中に入るとナースの方に、『待たせちゃってごめんね〜。。』と言われ、『いえいえ。』と笑顔で返事。(っていうのも、この日はナースが2人しかいなかったみたいですごく大変だったみたい)

 

とりあえず、用件を伝えて、別室に案内され、『ここで待ってて〜』と言われる。

 

数分後、ワクチンを持って戻ってくると、『このワクチンは2回セットだからまた4週間後に来てね。この2ヶ月間は避妊するように』と言われて、頭のなかは真っ白に。

 

え〜!!クリニックでは1ヶ月待つって言われただけなのになぁ。。と思いながら、とりあえず頷く。

 

病院内にあるpharmacyでサプリももらって、家に帰って来てからクリニックの担当ナースにメールすると、、『病院によっては2回セットのところもある。もしスケジュールのことで分からないことがあったら月曜日に連絡ください』と。

 

そして、今日の夕方電話してみました。

彼女は結構早口でアクセントがあるから電話だと不安だな〜と思ってたら案の定スーパー早口で話され半分以上分からない。

 

なので『とりあえず、私が聞きたかったのは風疹のワクチンを2回打つことになっても、来週あたりを予定している生理が来たら電話した方がいいんですか?』

 

『うん、電話してください。そしたらそのサイクルで採卵して、次のサイクルでトランスファーします。』と言われてやっと納得。

 

まだ聞きたいことあったけど、電話じゃやっぱり無理かもと思い、切って、メールしました。

 

 

私はワクチン2回目が終わるまでは採卵しないと勝手に思い込んでいたので、オットくんは既に出張の予定を絶妙なタイミングでいれてしまっている。。

 

今回のサイクル見送るのがどうなるかまだわからないけど、上手くいくといいなぁ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

精液検査の結果 と お金の問題

ブログ書こう書こうと思っていたら結構日にちが経ってしまいました。。。

 

数週間前に行った精液検査の結果、クリニックからオットくんに電話にて伝えられました。

 

 

 

結果は。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと男性不妊でした。

オットくんの精子の量はあるけど、運動率が悪く、奇形率が高い。

正常な形状の精子は全体の3%と言われました。

 

 

 

というわけでいきなりIVFになりました。

 

 

その後、私の血液検査の結果をクリニックに送りました。オットくんの主治医が体調を崩し、未だにapprovalをもらえてないから彼はまだ血液検査すらしていない。。。こんなので大丈夫なのかなぁ〜。。。

 

同時進行でコストのお話。

 

今日、オットくんとファイナンシャル専門の人が電話で話した時に、IVFで使用する大体の薬代を聞いたんだと思うんだけど、さっき愚痴のメールが来た。

 

「クリニックでコストの話した時に、薬代でプラス$10,000(約110万)もするっていわれた???????」

 

確かに薬代は別途でかかります。ってだけで明確な金額は言われてなかったけど私は大体  $3~5000くらいかな〜と思っていた。

 

 

多分彼は今日電話で問いつめて聞き出したんだと思う。

 

だいぶ怒ってるみたいで今夜は家族会議だぁ。

 

 

 

クリニック変えるとか言い出さないといいけどなぁ。。。せっかく順調だと思ったのに。

眠気に負けそう。

月曜日あたりから、少しずつ出ていたノビオリさん。水曜日にピークに達しました。

昼間、何だか今日は眠いな〜授業があまり頭に入ってこないや〜と思っていて、木曜日の今日、しっかり寝たはずが朝起きて『うーん、なんか寝足りない』。

 

今月もやってきました。プロゲステロンさんが。

 

そういえば、不妊治療を始めようと決めてから基礎体温とか排卵検査薬とか一切やめたので、もうD13だと今気づいてびっくりしています。

そりゃあ眠くなるわ〜

 

今日はあまりの眠気でヨガも行けなかったけど、これから友人とランチの約束なので準備して行ってきます。

 

カリフォルニアは連日続いていた雨シーズンがようやく終わったと思ったらいきなり夏になったのか。というような天気です。もうセーター着れないなぁ。。tシャツ、ショーパン、ビーサンで歩けちゃう。

雲ひとつない晴天!です。

 

 

それではまた書きます。

 

 

最近夫婦で話し合ったこと。

クリニックでドクターと話した後に夫婦で何度も話し合いました。そんな中、夫はドクターが口にした、『IUIの成功率は1回につき17%』というところに引っかかっているようです。

 

一番最初のフリーセミナーに行った時もその確率の低さに驚きました。実際普通に妊活しているカップルが性行為をする確率と大した差はないようです。IUIだけでもアメリカでは$2000以上(約23万円)します。

 

不妊治療はギャンブルと私達のドクターも言っていたように、もしも夫婦ともに健康で特に大きな異常が見つからなければ2回くらいIUIを試してみることを勧めると言われました。でもどんな決断でも私たちはサポートしますよ。と最後言っていただきました。

 

ドクターとお話しした時は夫も頷いていたのですが、家に帰って、何日か経つ間にだんだんと気持ちが変わってきたようです。

 

せっかくここまでお金をかけて、ゴールは『妊娠』なんだから、わざわざ17%に賭けるのではなく、高確率のIVFの方がいいと思う。というのが彼の考えです。私もほぼ同意ですが夫婦揃って無知すぎるため、またドクターに話を聞くつもりではいます。

 

私のドクターの実績としては、IVFは90%と言われました。ただし、日本のように安くはありません。こちらでは薬代抜きで$15,000超え (約170万円)です。

 

 

高いですがその分成功率も高いです。まだどうなるかわかりませんが、私たちの中でなんとなーくIVFをやるんだろうなぁという感じに固まってきました。

 

 

今期のサイクルはまだ治療が始まっていないので自然サイクルなのですが、そんな中、先週夫にこんなこと言われました。

 

もし、今期で妊娠したら、誕生日にバッグと、日本旅行行こうね!と。

 

不妊治療をしようと決める前に私は夫に、誕生日プレゼントはブランドバッグがいい!とお願いしていました。でも、その後クリニックに通うことになったのでその発言を撤回しました。

 

これから大金を使うことになるから、プレゼントはいらない。と。

 

夫のこと一言で、ちょっと舞い上がった私。

どっかで、もしかしたら妊娠できるんじゃ?という気持ちと、どっかでどうせいつも通り生理来るよなぁ。という気持ちが混ざって複雑です。バッグ買ってもらえるかも?!と、不妊治療楽しみ!待ち遠しい!と感じている自分もいます。

 

今は特にストレスをすごく感じているわけではないと自分では思っているので、今月はゆーったり過ごせたらいいなぁと思っています。

 

妊活している全ての方に天使ちゃんが訪れますように👶🏻

 

ご無沙汰しております。検査いろいろ。

特に進展はまだないのでしばらく更新していなかったのですが…ちょっとずつ検査が進んでいる感じです。

 

まず、精液検査。今は結果待ちの状態です。異常がなければ私の卵管の検査に進むかもしれません。またこちらで報告したいと思います。

 

そして、血液検査。

アメリカでは病院によって保険がきくところときかないところがあり、私の保険は大手の病院なので、とりあえずそこでクリニックからもらった血液検査のリストの紙を渡して、どこまでできるか確認中です。

 

通常は、他の病院やクリニックからの指示は通用しないのですが、ドクターによっては目を瞑ってくれることもあるようです。

私たち夫婦はそれぞれ違うファミリードクターなので血液検査の紙も別々に提出。

今週中には返事が来るといいなぁ。

 

夫のファミリードクターは結構カジュアルなので、やってくれると思いますが私の方は結構厳しいかも。。

 

いくつかの項目は許可されると思いますが、拒否されたものはクリニックでお金を払って別の日に検査することになりそうです。

 

 

次は最近夫婦で話し合ったことについて書きます。

 

つづく。

 

 

 

アメリカで不妊治療 初診に行ってきました。

アメリカ 不妊治療 妊活 初診 IUI IVF

今日は待ちに待った初めてドクターに会ってお話する日でした。

 

予約の時間は14時。書類があったので30分前には到着して書 何ページにもわたってサインをし、やっと終わってしばらく待合室で過ごし、やっと名前呼ばれました!

 

初めましてのドクターだけど、だいぶ評判がいいので最初からすごく安心して話せました。

 

色々詳しい話をする前にまず卵胞チェックをしました。別室に連れて行かれ、ウルトラサウンドで私の卵胞ちゃん達を初めて見ました。正直、それまですごい不安でしたがドクターが左右の卵胞ちゃん達の数を数えてくれて、右側は12個、左側は7個の合計19個でした。大体の人は左側の卵巣の方が小さいそうです。この数は平均的と言われ、安心しました。

 

その後は、精液検査、血液検査の案内を受けて、精液に異常があった場合はそのままIVFに進みます。もし精液検査に異常がなければ、私がSonohysterography (SHG) の検査をします。 これは子宮の中に生理食塩水を入れエコーで子宮内の状態を見る検査です。といっても、私の場合はおそらく卵管が詰まってるかどうかのテストです。もし、ここで詰まっているとなったらそのままIVFに進みます。

 

Pre cycle test は

①精液検査

②血液検査(2人とも)

③精液検査に異常があった場合、卵管検査

④はオプショナルで血液検査から遺伝子スクリーニングができます

 

今はD5でようやく生理が終わりそうなところなので、今期は普通に今まで通り仲良しをします。

 

次回の生理までに各検査をできるところまでやって、次のサイクルで何らかの処置がとれればいいなと思っています。

 

今日のDr Visitで少し肩の荷が下りたというか、安心したので本当に行って良かったなぁって思いました。

 

 

また更新します。